光蓮寺|岐阜県可児市のお寺

Read Article

お寺にとまろう!

お餅つき大会

1月3日、光蓮寺でもちつき大会が行われました。参加者は大人子供あわせて20名ほど! 

もちつきに相応しい快晴の中、また暖冬ということもあり杵を振り下ろしているうちに汗もじわり

 

光蓮寺のご門徒の皆さんにお供えいただいたもち米をベースに、合計三升ほどのお餅をつきました!

本堂でのお参りでは「食べること」と「手をあわせること」の話をしました。食べ物を通じて、自分のいのちの不思議や、他のいのちに向けた慈しみを感じてもらえたらなあ。と思っています。  

プライバシー保護のため、マスクのない食事シーンは掲載しませんが、みんなで美味しくいただきました!

また、境内で遊ぶ子供たちの姿にたくさんの元気もいただきました。 
今年も子どもたちに素敵なご縁がありますように。

<span class="icon-user">この記事を書いた人<span>

五藤広海光蓮寺|僧侶
29歳。可児市の歌って喋るお坊さん!日々の法務の中、講座「五木寛之著『親鸞』をたのしく味わう』や「大切な人を亡くした人へ-やさしい法話会-」などを開催。仏教系音楽ユニット「あみださまがみてる」のボーカルとギターとしても活動中。
講演やライブのご依頼もお待ちしています。

お寺にとまろう!

お寺にとまろう!

 
一か月が過ぎましたが、7月25日、26日と光蓮寺のサマースクールが開催され、無事に終了したことをご報告します。

今年で5回目となり、スタッフも僕自身も少し余裕が出てきたかなあと思いますが、いざ当日を迎えると子供たちのパワーに驚かされました。

  
カレー作り、レクリエーション、お経の練習、ねんど教室、お坊さんのお話。などなど、お寺での2日間を子供たちは仲良く楽しく過ごしてくれました。

子供たちもスタッフも怪我もなく終えられたことをなにより喜んでいます。

  

この楽しい2日間の中でたったひとつだけ、子供たちに学んでいただきたいメッセージを贈りました。

手を合わせる時には、自分のまわりにあるたくさんの命のことを思ってほしい。ということです。

「いただきます」も「なもあみだぶつ」も、大切に行えば、わたしを包み込んでるたくさんの縁ある命を感じることができるものだと考えています。

  

難しいような気もしましたが、子供たちが真剣に聴いてくれていたのを嬉しく思いました。

  
また、遊びにきてね!

<span class="icon-user">この記事を書いた人<span>

五藤広海光蓮寺|僧侶
29歳。可児市の歌って喋るお坊さん!日々の法務の中、講座「五木寛之著『親鸞』をたのしく味わう』や「大切な人を亡くした人へ-やさしい法話会-」などを開催。仏教系音楽ユニット「あみださまがみてる」のボーカルとギターとしても活動中。
講演やライブのご依頼もお待ちしています。

Fatal error: Cannot redeclare dp_comment_source() (previously declared in /home/users/1/main.jp-kourenji/web/kourenji/wp-content/themes/dp-elplano/comments.php:29) in /home/users/1/main.jp-kourenji/web/kourenji/wp-content/themes/dp-elplano/comments.php on line 46