光蓮寺|岐阜県可児市のお寺

Read Article

公民館でギター説法!

公民館でギター説法!

ご報告が大変おそくなってしまいましたが、9月末に『岐阜コミュニティ創造大学』という市民大学の講座の中で仏教のお話をする機会をいただきました。
会場は可児市にある「春里公民館」。こうやって寺院の本堂以外でお話するのははじめてことで大変緊張しましたが、ギターの弾き語りや、プロジェクターでの説明を混ぜた1時間半の講座。みなさん熱心に聴いて下さり、色々な質問もいただき、僕自身も大変たのしい講座の時間となりました。

今回のお話は、「そもそも仏教って何なの?」「どういう事を問題にしているの?」「宗派の違いって何?」
「お彼岸やお盆ってどんな意味があるの?」などなど。基本的なことのように思いますが、とても大切なことですね。

今回のご縁は光蓮寺ではじめた講座などから繋がりいただいたもの、とてもうれしく思っています。
また、どこかで歌ったりお話したりする場所があればどこでも飛んでいきますので、ぜひお声がけください!

IMG_3912

<span class="icon-user">この記事を書いた人<span>

五藤広海光蓮寺|僧侶
29歳。可児市の歌って喋るお坊さん!日々の法務の中、講座「五木寛之著『親鸞』をたのしく味わう』や「大切な人を亡くした人へ-やさしい法話会-」などを開催。仏教系音楽ユニット「あみださまがみてる」のボーカルとギターとしても活動中。
講演やライブのご依頼もお待ちしています。
Return Top